読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妄想メモリー

ただの若俳おたく

初ブログ(手紙の内容)


ブログ初書きです。


ずっと気になっていて遂に始めたはてなブログ


なんだか不思議な感じ…基本的にブログとか始めても続かなくて1、2週間で放置人間なのでこれもいつまで続くかな?


そして、私がはてなブログを始めたいと思ったきっかけの記事について私も書きたいと思います。





そう、手紙の内容ですね。生身の人間のオタクやってると大抵の人が書く手紙。はい、私も書いてますね。


では、早速


①宛先


基本的にフルネームに様付けです。絶対にニックネームや呼び捨てはないです。

ただ、封筒に書く名前は文字に装飾をしたり、名前前に役名に関するちょっとした1文を入れたりと少しだけ工夫してます。(時間に余裕があるとき)


②書き出し


これいつも毎回悩みます…最近は初日に行くことがあまりないので初日無事開けて良かったです。とかお疲れ様です。とかありきたりな言葉で始めてます。

いや、本当書き出しが一番大変…いつ読むかわからないからこんにちは、こんばんはって書くのもなぁーって思ったりと悩みます。誰かいい書き出しを教えてください。


余談ですが、ペンは絶対にフリクションは避けます。消えたら怖い(´-ω-`)

色はなるべく見にくくない色+演じる役の色に合わせる。たまに面倒でいつも使ってるピンクか青色を適当に選びます。笑(赤色と黄色はあまり使いません…見にくいし)


③内容


肝心な内容ですが、まぁ普通に前回の現場、またはDVDが発売されたらそれの感想。


とりあえず褒める。こんな奴に演技の批判なんてされたくないだろうし(それは周りの共演者さんや演出家さんがやってくれると信じてる。)私も批判するの苦手なので。とりあえず自分が推しが出てる場面で好きだなと思ったところや、表情を褒めることが多い気がする…。


同一の公演に何度も入る時はネタ切れ半端なくて死にそうになってます。基本的に語彙力0なんで( ˘ω˘ ) それじゃなくても手紙本当に苦手でヒィヒィ言いながら書いてるからさ…_(-ω-`_)⌒)_


④締め


基本的に次行く公演やイベントを書いて、同一公演の別日にまた入るなら公演日を書きます。

そして、イベントの時はお稽古頑張ってくださいって書いたり舞台の時は残りの公演怪我なく頑張ってくださいとか書いて。体調や怪我に気をつけてくださいっていう1文を添えて最後に絶対に「応援してます。」って1文を添えてます。


好きって言葉はなんだか恥ずかしい様ななんというか…とりあえず書きたくないので応援してますで留めてます。まぁ、手紙書いてるんだし私が好きっていう気持ちを持っているぐらいあっちも分かってるでしょうというなんとも上から目線な感情を持ってます。笑


最後、自分の下の名前を平仮名で書いてます。

封筒には漢字フルネームを書いてます。住所等は書きません。なんか怖いから。


⑤手紙の頻度


忘れない限りは入る公演やイベント毎に絶対に1通は書いてます。

気分が乗るとマチソワ入る場合はその間に書いてソワレでも渡します。


事務所に送ったことはないです。基本的にめんどくさがり屋だし、今は大体月に1回は必ず何かしらで推しに手紙を書く機会があるので。



⑥手紙の量


便箋の枚数ですよね、1枚です。2枚も3枚も書けません。無理です。本気で筆が乗っても1枚半が限界。


本当に手紙苦手マンなんです…。なら手紙書くのやめろよって思うかもしれないんですがやっぱり思いを伝える手段として手紙って素敵じゃないですが。書くのは苦手だけど、貰えると嬉しいし。


⑦手紙の種類


便箋ですが、基本的に100均。100均でも可愛い便箋多いし、私しょっちゅう書き間違えて紙無駄にするので高いの使うと本当に勿体ない気がする…。(けど1度は高い便箋に書きたい)


色味は水色とか寒色系の便箋や白地のものが殆ど。色の発色が綺麗なので薄い色の便箋が殆どです。


私、同一公演で同じ便箋を使い続けることはないです。なんか嫌だ。

1度使った便箋はその後2公演ぐらい間があかないと使わないという謎な性質を持ってます。何故だろう?


⑧手紙を書く時間


ずっと書いている様に手紙が苦手なので筆が乗らないと2、3時間とかざらにあります。


そのくせ手紙は基本的に前の日の夜か当日の朝に書きます。気づいたら公演当日で手紙書いてないって朝によく焦ります。はははー。


下書きとか一切しないで1発本番なので多分いつも文が変。(こんな手紙渡してごめんね)


⑨気をつけていること


一番は読みやすい字で書けているか。私は字があまり綺麗ではないので自分なりの丁寧な字を書いているつもりです。


あと昔は手紙に封はしなかったんですが最近はプレゼントを渡さない時に限りマスキングテープやお気に入りのしろくまシールで止めます。


⑩推し以外に手紙を書くか


基本的には書きません。推し以外に手紙書くなんて烏滸がましいかなって。

その人のちゃんとしたファンでもないのに手紙書くのはその人やその人のファンに悪いって思うし、なんだか罪悪感をひしひしと感じるので書きません。

ただ、その人の演技に本当に感動して書きたい!!ってなったら書くけどほぼないです。


→番外編 今まで渡した変な手紙


んー、変な手紙なんて渡したことない気がする…強いて言うなら1度だけ前推しに嫌いになったから降りるって書いた手紙を渡そうとして友達に止められました。(その推しの出演する舞台が私には合わないのでその後結構直ぐに降りた)



とまぁ、手紙が苦手は私はこんな物です。本当に推しに手紙を書くのって素敵なことだけど辛い。語彙力が欲しい。


ただ、苦手だけど書くのはやめないと思う。なんだか手紙書かないとモヤモヤするので。笑


手紙って推しに思いをちゃんと伝えられる場だなってしみじみ。

接触イベとかが沢山ある俳優だったらその場で少しは伝えられるかもしれないけど私の元推しは接触イベを一切やらなかったので気持ちを伝えるのは手紙しかなかったんですね。だから苦手なりに頑張って毎公演毎公演書いてます。


以上手紙についてでしたー!